ECP BLOG
第58回日米学生会議分科会 The Evolution of Civic Participation: Non-state Actors and Transnational Politics のブログです☆
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

不都合な真実


非国家主体の分科会コーディネーターをしていた実行委員の唐澤です。


5月から続いてきたECPブログでは、事前勉強、報告会での活動、事後活動の様子をブログを通してご報告してきました。


今回は、日米学生会議に参加していた学生が普段どんなことを考えているのか、分科会とは離れてご紹介してみようと思います。


さて、私は昨日「不都合な真実」という映画の学生向け試写会に行ってきました。


タイトルだけみると何の映画だろうと思うのですが、この映画は地球温暖化について


元副大統領のアル・ゴアが人々の意識改革に乗り出すべくスライド講演を世界各地で開く様子を


元副大統領の生い立ちも含めて描いている映画です。


米国での評判も高く、数々のドキュメンタリー映画賞にノミネートされています。


まだ公開されていないので、詳しい内容は割愛しますが、できるだけ多くの人に観てもらい映画です。


この映画のメッセージと私たちの分科会で話あったこともちょっとリンクするところがあり、観ていて興奮してしまいました★☆


映画の詳しい内容はホームページをご覧ください。(http://futsugou.jp/aboutthefilm/index.html


ホームページからバナーや"Ten things to do" リストもダウンロード可能です。


それでは、寒くなってきましたがお体に気をつけて、皆さん楽しいクリスマスを♪


 120x60.gif


スポンサーサイト
報告会レポート

先日はお忙しい中、たくさんの方に報告会に来ていただき本当にありがとうございました。


今日は、報告会にお越しいただけなかった方に報告会でのECP分科会の様子をご報告したいと思います。


各分科会、決められた時間内でいかに事前活動、本会議、事後活動をわかりやすい形で報告するかというのが難しい課題でした。


私達のRTでは、報告会へ向けての最初の話合いで、やはりオクラハマで6時間にも及んだロールプレーを再現しようということで一致しました。


ちなみに、オクラハマでおこなったロールプレーは、10人のメンバーがそれぞれ指示を出す人、政府、現地政府、現地企業、企業、メディア、NGO、NGOネットワークなどさまざまなアクターに分かれ、20分を一クールにわけておこないました。それぞれがどういう役割なのか、どういう状況にいるかは渡されるメモによって当事者のみが知っていて、それぞれのアクター同士は知りません。その中で、浮き彫りになっていく問題点や可能性などを体感するというものでした。(詳細


その臨場感を伝え、結果をわかりやすく提示するために場面設定などを行い、「児童労働によるカカオの生産」をテーマに、政府、企業、NGOにわかれて2分程度で行いました。


また、当日はガイドラインを和訳したものを配布し、事前勉強会でお世話になった方々にガイドラインを提言した際に頂いたフィードバックをご紹介しました。


お忙しいなかご丁寧にご助言とご講評を頂きました講師の方々に深く感謝申し上げます。


 最後になりましたが、ガイドラインの和訳をご紹介いたします。


 


ワークショップのためのガイドライン 


目的:



  1. NGO、特に人権問題系NGOに対する市民の関心を高める。


         市民とNGOの架け橋になる。



  1. NGO間の交流と、NGOとその他のアクター(国際機関、政府や企業など)が協働できるように交流を促進する。


         様々なアクター間の架け橋になる。 


ターゲット   NGO・多国籍企業・政府・国際機関 


スケジュール:



    Day1 (目的①)



   9:00-17:00  NGOフェアー:それぞれのNGOがブースを設ける。



  • 舞台上では、一定の時間それぞれのNGOの代表者が団体紹介などについてスピーチをする時間を設ける。


   13:00-17:00  パネルディスカッション(参加自由)



  •  来場者に好きなパネルディスカッションを選んで参加してもらう。


   13:00-14:00  パネルディスカッション① 「NGOとは? どうやったら参加できるの?」


   14:30-15:30  パネルディスカッション② 「人道的援助」


   16:00-17:00  パネルディスカッション③ 「女性の権利」


   パネリスト ― 大規模なNGO職員  (例 Amnesty International Human Right Watchなど)


   パネリスト ― 人道的援助の分野の現地のNGOか国際的なNGO職員


   パネリスト ― 国際機関(例 国連職員、教授、女性経営者) 


       Day 2 (目的2)


   10:00-10:30  基調講演 「協働のメリットと課題」


   10:30-        基調講演者によるワークショップ


   10:30-17:00  NGOフェアー


   1:00 -17:00  パネルディスカッション(NGOフェアー参加団体からトピックを募集)




    • パネルディスカッションのテーマは協力する上で、それぞれの団体が抱えている課題や可能性について自由にテーマを設定する。

    • パネルディスカッションの後、場所を変えてパネリスト及び参加団体代表者が少人数のグループに分かれ、「実際にどのように協力でき、貢献できるか」について話し合う場を設ける。

    • パネリストとしては、3人のNGO職員、学生、多国籍企業、政府や国連からの関係者などが望ましい。



第58回日米学生会議報告会のお知らせ




∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
    
      第58回  日米学生会議                 
 ~二国間を超えた未来、伝統への回帰と私達の挑戦~

      ★報告会開催のご案内★

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
➣詳細は、ホームページにて www.jasc-japan.com

■日米学生会議は相互理解と平和を基軸に、
毎年日米交互で開催される交流事業です。

来る12月3日(日)、
今年の夏にアメリカで開かれた学生会議の報告と、
田中明彦 東京大学大学院情報学環教授(東洋文化研究所教授兼任)による講演をあわせて行います。


▼日米関係を見直す転換期にある今、

○本学生会議に興味のある方、
○多様な視点から日本とアメリカの未来について考えたい方

などのご参加を広くお待ちしております!

-----------------------------------------------------------------
開催日時
-----------------------------------------------------------------
【日程】平成18年 12月3日(日)
【時間】開場:12時45分 開始:午後1時
                終了:午後5時(予定)
【場所】国立オリンピック記念青少年総合センター 
    センター棟 501教室 (http://nyc.niye.go.jp/
【参加費】無料

-----------------------------------------------------------------
参加申し込み方法
-----------------------------------------------------------------
①氏名 ②所属 
をご明記の上、11月30日までに
<lecture_jasc58@hotmail.co.jp>へメールにてお申し込みください。
当日参加も可能ですが、人数把握のためできるだけ事前にお申し込み
くださるようお願いします。

-----------------------------------------------------------------
プログラム
-----------------------------------------------------------------
●第Ⅰ部
13:00 – 13:05 開会の辞
13:05 – 13:35 基調講演 
       「東アジアの安全保障と世界の中の日米関係」
       講演者:田中明彦 東京大学大学院情報学環教授
13:35 – 13:50 質疑応答
13:50 – 14:10 全体説明と第59回日米学生会議の概要

●第Ⅱ部
14:30 – 16:40 第58回日米学生会議報告
16:40 – 17:00 講評と質疑応答
講評者:金田晃一氏
           ㈱大和証券グループ本社  CSR室次長
17:00 – 17:05 閉会の辞

-----------------------------------------------------------------
■日米学生会議とは■  
 
 日米学生会議は1934年、満州事変以降失われつつあった日米相互の信頼回復を目指した日本人学生たちにより創設されました。この日本初の国際的学生交流プログラムは「世界の平和は太平洋の平和にあり、太平洋の平和は日米間の平和にある。その一翼を学生も担うべきである」という創立当時の理念に基づき、様々な試練を生き抜き現在まで継続されてきました。

 日米学生会議は創立以来、学生の相互理解と友情、信頼関係を醸成し続け毎夏日米交互で行われる約一ヵ月間の会議は、すべて学生の手で企画・運営されています。70年以上の歴史を経て現在まで継続されてきた中で、宮沢喜一元首相やキッシンジャー元国務長官など、各界で活躍する多くのOB/OGを輩出し、強いネットワークを誇っています。


■講師紹介■
田中明彦 東京大学大学院情報学環教授(東洋文化研究所教授兼任)
1977年東京大学卒業。
1981年マサチューセッツ工科大学にてPh.D.(政治学)取得。
東京大学東洋文化研究所長、アジア政経学会理事、
日本国際政治学会理事などを歴任する。
主な著書に『日中関係 1945-1990』、『新しい「中世」』、
『安全保障』等がある。

■講評者紹介■
金田晃一 氏 ㈱大和証券グループ本社  CSR室次長
1987年慶応義塾大学経済学部、2003年英国レディング大学院経済学部卒業。
ソニー(株)通商渉外、米国大使館・通商政策、ブルームバーグTV・アナウンサー、ソニー(株)CSR担当を経て、2005年 1月より現職。
「大和証券グループ津波復興基金」「『ダイワSRIファンド』助成プログラム」「ダイワJFS・青少年サステナビリティ・カレッジ」を立ち上げる。

-----------------------------------------------------------------
主催:財団法人国際教育振興会   
企画・運営: 第 58回日米学生会議実行委員会
後援:外務省 文部科学省 米国大使館 日米文化センター  
財団法人国際ビジネスコミュニケーション協会


Tanbible Result: ワークショップのガイドライン

  私たち非国家主体分科会では、事前勉強と、本会議での活動を通して、日米の学生で非国家主体間(企業やNGO)や、非国家主体と政府間の協調連携の難しさを感じました。


 また、貧困や人権に関する市民の関心を高める必要があるという点においても一致しました。


 以上のような問題意識に基づき、以下のようなワークショップのガイドラインを作成いたしました。





The Outline for the 2 Day NGO Fair and the Panel Discussions


Goals:


1.       To raise awareness of the private sector especially the human rights NGO to the public.


to become a bridge between the actors and the public.



2.       Facilitate the networking of the NGOs with the other non-state actors so that they can collaborate easier.


to become a bridge between the various non-state actors and state-actors.




Target: NGOs, Multi-National Companies, and state actors (not general public).




Schedule:



Day1 (Aiming for goal one)


9:00-17:00 The NGO Fair: one booth each to promote their activities to the public


*At the stage there will be a fixed time for each representative to make a short speech on their organization, and how they are seeking for assistance.


The panel discussions are optional for the public, and they can choose which ones to go to


1:00-2:00 What is an NGO? How can ordinary people participate?


2:30-3:30 Humanitarian aid/relief


4:00-5:00 Women’s rights


*First panel—big famous NGO (maybe Common Ground, AI, HRW) with a good history


*Second panel—local NGOs or international NGOs working in humanitarian aid/relief


*Third panel—international organization (UN), professor introducing Japanese audience or prominent businesswoman. NGO can also join.


 


Day 2 (Aiming for goal two)


The NGO Fair (a lot of booths represented by non-state actors are open to public from 10:30-17:00)


10:00-10:15 Welcome guest speaker


→talks about the merits of collaboration and some of the problems in a general sense


10:15 – 10:30 Branch off of guest speaker and Brainstorm how to improve barriers


12:00-1:00 Lunch


1:00 – 17:00 Panel Discussion (optional)


  * After each panel discussions, the panelist are provided with a small workshop in a different room discussing “how they can contribute and work together”


*The themes are undecided here because the panelists should come up with their own. This is a place for them to talk and share their difficulties leading to collaboration.


*basic structure: reps from 3 NGOs, one preferably student, one MNC, one from government sector (includes UN)—talk about what they need, etc.


Tangible Result

     The roundtable decided on the idea of forming the guidelines for a workshop about human rights geared towards spreading awareness of NGOs and their work among the general civic population, as well as helping NGOs form networks among themselves and other non-state actors (e.g. multinational corporations). In order to achieve these two very different goals, the roundtable decided to put together the guidelines for a two-part conference/workshop. The driving ideas were that networking and collaboration are essential skills for any NGO to have significant influence in the world and that people need to become more involved and more aware of NGOs and their work.


      The first day of the conference is geared towards spreading awareness of human rights NGOs in the general population. From 9 am to 5 pm, there is an NGO fair where various non-state actors (mostly NGOs but also MNCs) can set up booths to share information with the people who come to the conference. The point is to help people realize how many different kinds of NGOs there are, and hopefully they can find a few that they are interested in helping. During the afternoon, there is a series of panel discussions featuring representatives from various organizations. The first panel will introduce NGOs to a general audience, the second will focus on humanitarian aid and relief, and the third will be about women’s rights. The first day and all the panel discussions are open to the public and free of charge.


       The second day is designed to help the NGOs learn about collaboration and establish networks with each other. The first event will feature a guest speaker to present the merits of collaboration, general weaknesses among NGOs, and various techniques for problem-solving and networking. Next will be a panel of NGOs that will focus on a more specific topic that is determined before the conference and can change from year to year. After the panel discussion, there will be small breakout sessions for all the NGO representatives. The goal here is for NGOs to decide how they can contribute and work together to solve common problems. The second day is still open to the public, but the focus is on helping NGO representatives and not informing the general public.


Morgan Swartz, 58th JASC American Delegate


P1000162.jpg








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。